아이디
 비밀번호
저장

       상담시간

  AM9:00 ~ PM5:00   

       방문시간

 PM 4:00 까지(월~금)
  신비의 게르마늄을 아십니까  (저자: 동양의학박사 고광석)
제1장:게르마늄의 개요
- 게르마늄이란,게르마늄의 역사, 식물에도 게르마늄이 함유되어있다.
아사이박사가 자신의 몸에 실험하다.
인체는 전자의 조직체다.
무기게르마늄파는 전기침투압으로 통증을 게거한다.
게르마늄이 고가인이유, 게르마늄은 반도체구조이다.
인제의 기와 전기와 게르마늄의 역할,게르마늄의 유사품이 많다.
제2장:유기게르마늄과 각종증상의 치료기
- 사례별증상의 치료기를 소개
제3장:게르마늄을 할용한 기기의 이모저모
- 게르마늄파, 게르마늄수족온욕기
제4장:좋은 물은 건강에 절대적이다.
- 루르드성수
제5장:경혈과 무기게르마파의 효과
- 무기게르마늄입자를 활용하는 요령. 세가지 큰효과.경락과 전기의 흐름은 같은이치이다. 증상별로 게르마늄입자를 붙이는 경혈도.한국에도 무기게르마늄활용한 제품이 나왔다
  게르마늄과 나 (저자 : 아사이 가즈히꼬)
이책에는 아사이가즈히꼬박사님의 인생에 있어서 게르마늄이 어떤 역할을 했는가, 또한 게르마늄으로 인한 그의 인생역정이 담겨져있다.
유기게르마늄을 발견하게된 경위와 힘든시절등...
제1장:게르마늄과 나의인생
제2장:나의 게르마늄
제3장:암과게르마늄
제4장:난치병과게르마늄
제5장:건강체와게르마늄
제6장:게르마늄의 기적제7장:게르마늄에 거는꿈
  게르마늄과 건강  (저자 : 김석)
제1장:게르마늄의 개요.
제2장:인체와 질병의 게르마늄작용개념
제3장:산소가 질병에 미치는영향 
제4장:산소의 호흡이 인체에미치는영향
제5장:암과질병의 원인
제6장:유기게르마늄의 효력
제7장:암치료작용에서의 게르마늄
제8장자연식품과 유기게르마늄
제9장:게르마늄의 구조
제10장:게르마늄의 향후 과제
부록: 논문집모음
  생명의 원소 게르마늄 (저자 : 노덕삼)
임상의학자로 현대병, 성인병,만성병등의 치료를 어렵게 만드는 원인에 대처할 수 있도록 근원치료에 관심을 갖게되면서 근원치료의 방법들중 우리가 익히 들어온 자연식요법. 생야채즙요법, 마음의 평화, 적당한 운동,암에 대한 비타민 B17요법, 단식등이 있지만 이에 더하여 독자들에게는 생소할 것이나 광범위하고도 뛰어난 가히 만병통치랄 수 있는 게르마늄에 관심을 쏟게 되었으며, 약해가 없는 난치병에 대한 희망을 이 게르마늄에 걸어본다고 한다.
이책에는 노덕삼박사님이 게르마늄으로 치료한 임상치험예가 다양하게 수록이 되었다.
  성인병과 암을 정복하는 유기게르마늄 (저자 : 이상현)
이책에서는 유기게르마늄과 성인병, 그 중에 각종 암의 치료에 대한 상세한 소개가 되었다.
세계각국의 게르마늄임상보고서, 상황버섯에 대한 소개면역요법중 비타민C요법. 셀레니움요법도 소개.게르마늄의 활용법소개.각종질병에 따른 게르마늄요법소개.게르마늄파스에 대한 글도 소개되었다.
  게르마늄으로 암을 정복한다  (저자 : 정해관)
난치병에 도움이 되는 유기게르마늄에 대한 소개.
 게란티 게르마늄 건강론  (저자 : 손창욱)
'게란티 게르마늄 건강론'
출판사 : 도서출판 동인
정 가 : 7,000원
내 용: 성인병없는 21세기에 도전하는 게르마늄의 효능에 대한 소개서
바이오 게르마늄 (저자 : 손창욱)

bio-germanium book.jpg

바이오 게르마늄

펴낸곳 : 바이오게르마늄학회

정 가 : 10,000

내 용 :

제1부  부자 나라 대한민국, 성인병 없는 21세기

제2부 神의 은총 ‘게르마늄’

제3부 대한민국 게르마늄’ 발명에 도전

제4부 게란티 게르마늄’ 안전성 입증, 효능 입증

제5부 게르마늄의 약리 작용

제6부 현대병의 해결사


 암을 치료하는 게르마늄  (저자 : 구시다싱이찌로)
'암을 치료하는 게르마늄'
옮긴이 : 김춘석(한국암연구소 연구위원)
출 판 : 부산일보사 기획출판국
정 가 : 6,000원
내 용: 현대병과 난치병을 치료하는 주목의 미네랄 신비의 원소 게르마늄에
          대한 소개서

 

 

  몸의 통증을 완화하는 게르마늄입자 치료법에 관한 일본책
게르마늄입자치료법의 이론소개
게르마늄입자의 증상별 붙이는 위치소개

ゲルマニウム健康法をお試しあれ!(게르마늄건강법을 시도)
貼るだけで体の痛み・コリを解消、(붙이는 것으로 아픔해소)
慢性的な症状にも効果アリ(만성적인 증상에 효과)

貼ってすぐ効く ゲルマパワー
(게르마늄을 붙이면 곧 효과가 있다.)
吉冨賢一著 定価1,000円

体の痛み、コリが解消。慢性的な症状にも効果を発揮」という画期的な健康本が登場しました。 効果を実感している著名人のインタビュー、ゲルマニウムを使った「ダイナミックキネシオン療法」を紹介しています。 これは、無機ゲルマニウムの粒子を筋肉の反射点に貼るだけで、運動機能を回復させるという独特の筋肉バランス療法です。
効く症状は、アトピー・花粉症・高血圧・精力減退・不眠症・ストレス・生理痛・耳鳴り・食欲がない・トイレが近い、など多岐にわたっています。 各症状に対応した貼り方を、イラスト入りで説明しています。
高純度のゲルマニウムを貼ると生体電流が整い,
  전자파오염  (저자 : 大形郁夫 著)
내용 無

 

貼ってすぐ効く新ゲルマニウム療法―痛みやこり、体調不良の人に    レディブティックシリーズ (1544)
クリックすると拡大画像が見られます   '内容(「MARC」データベースより)
医者もサジを投げる痛みや体調不良などに効果があり、誰にでも簡単にできるゲルマニウム療法。ゲルマニウムの症状別使用法、身体にゲルマニウム粒を貼るときのポイントのさがし方などを具体的に解説する。
 
[

 

 ゲルマニウム 奇跡の“医療ミネラル”―活性酸素、電磁波の害を消去する最強の選択
クリックすると拡大画像が見られます   '今、ゲルマニウム大復活!生体をトータルに免疫活性し、難病・慢性病を解消する驚異のメカニズムが解明された!ガン・肝硬変・糖尿病・高血圧から、痛み・コリまで…地球が温存していた、最後のヒーリングミネラル。
第1章 ゲルマニウム物語―ゲルマニウム有機化合物(Ge‐132)の開発とその健康効果(亡霊が非難を浴びせかける;地下六〇〇メートルの採炭現場での大転回 ほか)
第2章 なぜアサイゲルマニウムはこれほど効くのか―生体全体に働くメカニズム(万能薬のメカニズム;浅井氏の「酸素補給説」 ほか)
第3章 ゲルマニウムは若返りミネラルだった!―アサイゲルマニウムは活性酸素を還元し、老化を抑制する(ゲルマニウムと活性酸素;酸素は生命の源ではあるが… ほか)
第4章 電磁波による健康被害とゲルマニウム―ゲルマニウムは生体電気のバランスを調節する(電磁波健康被害;『ケータイ天国、電磁波地獄』? ほか)
[BOOK著者紹介情報]
大形郁夫[オオガタイクオ]
1934年東京生まれ。医療器具や健康器具などの研究開発に携わり、1968年タイヨウ株式会社を設立。ゲルマニウムと出会ってからは、その電位療法具の開発に力を注ぐ。ゲルマニウム有機化合物の先駆者・浅井一彦博士亡きあとは、ゲルマニウム理論実践家の第一人者として幅広く活躍している。現在、全日本電位医療具学会を主宰し、蘇生館医療具Ge研究所所長を務める。タイヨウ株式会社代表取締役社長

 

永遠なる魂―波乱の人生を有機ゲルマニウムに懸けた男の物語
クリックすると拡大画像が見られます   '第1章 命の水
第2章 ベルリン
第3章 石炭
第4章 奇跡の水
第5章 余命二年
第6章 あすに向かって
 
[BOOK著者紹介情報]
千代田圭之[チヨダケイシ]
1947年生まれ。日本工業新聞から時事通信に転じ証券、金融を専門に取材。2001年からは執筆活動に専念。独自研究の分子矯正医学で老人性痴呆症の実母を快癒させた経験もあり、対症療法の現代医学に疑問を持つ。一方、経済ジャーナリストの経験を生かし、経済小説も執筆

 

ゲルマニウムとつぼ療法―体の痛みが消える 万元ゲルマの驚異のパワー
クリックすると拡大画像が見られます   'ゲルマニウムガイド(ゲルマニウムって何?;ゲルマニウムはこんな効果をもたらしてくれる ほか)
健康で長生きする秘訣(誌上対談・浜木綿子vs柳生良隆;有名人の声 ほか)
一目で分かるつぼ・百科もくじ(治療点早見一覧表;骨の名前と場所 ほか)
症例別もくじ
体験談
[BOOK著者紹介情報]
師岡孝次[モロオカコウジ]
昭和5年生まれ。同35年慶応大学大学院博士課程修了。同年より慶応大学にて専任講師を経て助教授を歴任後、同50年より東海大学名誉教授、同55年よりウィンザー大学客員教授、平成5年より中国医科大学顧問教授に就任、現在に至る。日本医師会平成9年度優功賞受賞。平成14年度社会文化功労賞受賞

 

有機ゲルマニウム化合物の研究―2‐カルボキシエチルゲルマニウムセスキオキサイドを起点とする薬理活性ゲルマニウム化合物の開発
  '第1編 合成倫理の部(Trichlorogermylethane誘導体の合成;Germanium sesquioxide誘導体およびGermanium sesquisulfide誘導体の合成;Germatrane誘導体の合成 ほか)
第2編 合成実験の部(Trichlorogermylethane誘導体の合成;Germanium sesquioxide誘導体およびGermanium sesquisulfide誘導体の合成;Germatrane誘導体の合成 ほか)
付記 合成有機ゲルマニウム化合物の薬理活性(有機ゲルマニウム化合物のエンケファリン分解酵素阻害効果と構造相関;有機ゲルマニウム化合物のIMC carcinoma増殖阻害効果と構造相関;有機ゲルマニウム化合物の脂質の過酸化抑制効果と構造相関 ほか)
[BOOK著者紹介情報]
柿本紀博[カキモトノリヒロ]
昭和15年11月生まれ、薬学博士。東京薬科大学、米国TEXAS-A&M大学、東京薬科大学大学院特別研究生を卒業。昭和41年に(財)石炭総合研究所に入所、有機ゲルマニウムの合成に成功する。昭和44年に(株)浅井ゲルマニウム研究所を故浅井一彦博士とともに設立、元代表取締役社長。昭和45年、(株)ゲルマックス設立、元代表取締役社長。現在、有機ゲルマニウムの新たなる究明の研究に入る

 

驚異の有機ゲルマニウムの効用―その自然治癒力の実態
  ' 浅井ゲルマニウムとの出会い
 浅井ゲルマニウムの服用
 浅井ゲルマニウムに対する私見―恍惚の老人にならないことを祈って
 ゲルマニウムの自然治癒力
 驚き桃の木ゲルマの記
 私以外の方の服用事例
[BOOK著者紹介情報]
山根勝亮[ヤマネカツアキ]
慶応義塾大学出版会(株)顧問

 

アサイゲルマニウム・光
クリックすると拡大画像が見られます   '紀野一義が「光の人」と評した浅井一彦博士が創製した“アサイゲルマニウム”の現在と、その方向を明らかにする。
前編では「アサイゲルマニウムの新たな展開」と題して、これまでの軌跡と、新たに発見されたデータを。
後編「アサイゲルマニウムで生きている人たち」では、文字通り利用されている人たちのナマの声と叫びを。
 「アサイゲルマニウム」誕生の背景(価格の安いゲルマニウムの開発;「ゲルマニウム研究委員会」の発足;ゲルマニウムの未来を予測した浅井参考人発言;全視野で感じていた浅井博士の凄さ)
 医薬品としての研究へ(ゲルマニウムクリニックの開設;著書の出版とゲルマニウムの研究)
 「中断」から「再生」へ(強い要望に応えるために、新たな挑戦;健康を維持するための存在として)
新たな研究データ・分析資料(アサイゲルマニウムによって「血液中の酸素」の活用はどう変わるか;アサイゲルマニウムによって血液の流動性はどう変わるか;アサイゲルマニウムは手術のダメージ回復をいかに図るか;アサイゲルマニウムの「骨を丈夫にする」作用)
[BOOK著者紹介情報]
漆山欣志[ウルシヤマヨシユキ]
昭和3年1月生まれ。29年東北大学医学部卒業。30年から同医学部放射線医学教室に入局。34年同部附属診療X線技師学校講師。35年群馬大学医学部助教授。36年仙台市内に漆山医院開業、現在に至る。36年当時より、放射線によるがん治療が、がんの免疫療法と似た点があることを考えていた。53年ごろ、夫人のリュウマチがアサイゲルマニウムによって副作用なく軽快したことからゲルマニウムの免疫作用に強い関心を持ち、浅井博士に直接会って、その考え方に共鳴、臨床への応用に協力した。36年医学博士授与

 

ゲルマニウムはよく効く    上野 三郎/塚本 広幸    ヘルス研究所
新書判で207ページのこの本の前半は、酸素が健康に及ぼす働きや酸素不足による疾患についてまとめられており、後半になって酸素の宅急便としてのゲルマニウムの効果や臨床例40例以上についてもまとめられている。なお、元ソウル大学医学部教授の廬 徳三先生が推薦文を寄せているのが、興味深い。初版は1982年。
ゲルマニウムはガンに効く    串田 真一郎    ヘルス研究所 
著者は京都府長岡京市の串田医院の院長であり、自分自身が実際の治療で有機ゲルマニウムを使っている。本書でもその臨床例が報告されている。新書判で166ペ―ジの前半は、一般的な健康食や現代病についてまとめられ、後半に50例以上の臨床例が報告されている。初版は1985年
脚光のゲルマニウム    上野 三郎    ヘルス研究所   
40ページのミニブック。前記「ゲルマニウムはよく効く」のミニ判っていう内容だが、出版はこちらが半年ほど早い。臨床例も40件ほど紹介されているが、内容も重複している。初版は1982年。
ゲルマニウムの臨床    山口 武津雄    ヘルス研究所   
著者は大阪市立大学医学部講師で、山口クリニックの医院長。これも32ページのミニブック。臨床例は、自分のところの報告以外は、前述のいくつかの本の内容と重複している。初版は1985年。
有機ゲルマニウムの研究    藤川 明夫男    ヘルス研究所     
著者は東洋医学国際研究財団理事で、食養科学研究所所長も兼務。
インターフェロンについての記述もあり、有機ゲルマニウムについては、鎮痛作用、
抗炎症作用など効果別にまとめられている。また、有機ゲルマニウムに関する特許についての記述もある。これも48ページのミニブックで、初版は1991年。
新・ゲルマニウム療法    芹澤 勝助監修/健友館編著    健友館   

 

  What the experts say Keith Stepro, Editor, Let's Live
"Anyone interested in health should read Germanium: A New Approach to Immunity. This book describes outstanding advances in the knowledge of human nutrition -- concepts which may contribute to the reduction of both hidden and overt malnutrition, and to the prevention of disease -- all of which lead to better and longer life quality." 

Robert Atkins, M. D., New York, 
"We have been using organic germanium in conjunction with other therapies for our patients as part of immune protocol, and our results are looking better since its addition. It seems to be an important contributor to our success rate. Because organic germanium promotes a feeling of well-being, we also use it for patients who just don't feel well -- as an overall energy-giving agent." 

Author: Betty Kamen, Ph.D. 

Publication date: 8th printing, 1997 

Unfortunately this book is
no longer available. To read more about organic Germanium, you may read the full text of the book "Organic Germanium, the Miracle Cure" by Dr. Asai,

淺井一彦 著  山崎敏子 著 大原守民 著 串田一臭郞 著 志摩春夫 著
ゲルマニウムと私
(게르마늄과 나)
ゲルマニウムと讚歌
(게르마늄 찬가)
ゲルマニウムとわが人生
(게르마늄과 나의 인생)
ゲルマニウム建康法
(게르마늄건강법)
ゲルマニウム神秘
(게르마늄신비)
ゲルマニウム酸素で雜病も治る
(게르마늄산소로 질병치료)
ゲルマニウムはがンに效く
(게르마늄은 간에 효과)
新ゲルマニウムで病氣を治す
(신게르마늄으로 병을 치료한다)
ゲルマニウムで現代病は治る
(게르마늄으로 현대병을 치료한다)
濱田 徵著 太田富藏 著 上野三郞 著 塚本廣幸 著 大形郁夫 著 甲斐良 著
奇跡 のゲルマニウム效果
(기적의 게르마늄효과)
痛 みけゲルマニウムで消せ
(통증을 게르마늄으로 없애준다)
がン體質はゲルマニゥムで改善できる
(간과체질은 게르마늄으로 개선할 수 있다)
ゲルムニゥムはよく效く
(게르마늄효과)
快調! ゲルムニゥム健康法
(쾌조! 게르마늄건강법)
電磁波 汚染 
(전자파 오염)
ゲルムニゥム 療法
(게르마늄으로 병을고치는 법)
久保田八郞 著
ル一ルドの奇跡
(루르드의 기적)

 

 

Copyright (c)2002 한국게르마늄협회 Ltd.All right Reserved